すべての招待・共有を可視化する

製品のお問い合わせ

機能一覧

悪意のある
コラボレーションを牽制

たくさんのビジネスパーソンがBoxを毎日使っています。データを保存し、プレビューし、ビジネスパートナーとコラボレーションしています。ビジネスは加速し、ワークスタイルは自由な選択ができ、Boxの価値はますます高まっています。Log Reporter for Boxは自社のBoxユーザーが企業のガバナンスポリシーに沿った運用を行うよう、常に牽制する役割を果たします。多くの大企業に採用されている人気のエコソリューションです。

  • ガバナンス
  • 運用・管理

Log Reporter for Boxはサーバー上で稼動します。Boxからアクティビティログ(または、コラボレーションレポート)を収集しExcelへ転記、Box上の格納用フォルダーに配置します。格納用フォルダーの権限は、Boxの情報に基づいて付与します。

招待・共有を可視化して部署別に配布します。
(Log Reporter for Box)

  • point 01

    招待一覧レポート

    拡大表示する
  • point 02

    共有リンク一覧レポート

    拡大表示する
  • point 03

    レポートはエクセルファイルで提供

    BoxのAPIを利用し、整理されたレポートを提供。例えば、組織長に部下の招待・共有の一覧レポートをBoxにて共有します。

    拡大表示する
  • point 04

    情報漏洩を防止するための牽制

    ユーザーは日々の業務に熱心なあまり、悪意なく危険な外部共有を行ってしまうかもしれません。
    Log Reporter for Boxにより作成される部署別の招待・共有一覧Excelで誰がどこの会社と資料共有しているか、コラボレーションしているか、一目瞭然。外部共有状況を把握し、統制する運用を取ることで、安心してクラウドサービスを利用することができるのであれば、システム管理者にとってもエンドユーザーにとってもベストな結果になるでしょう。日本企業の厳格なBox運用ポリシーには必須のツールです。

さらに細かく、Box利用を可視化します
(Log Reporter for Box Light SIEM Edition)

  • point 01

    全てのイベント

    管理コンソールの「アクティビティレポート」で出力できるすべてのイベントをレポート可能

  • point 02

    リアルタイム

    BoxイベントをリアルタイムにBoxから取得

  • point 03

    気付ける仕組み

    イベントの一覧出力の他、大量のイベント発生を検知するなどの仕組みを構築可能

  • point 04

    エンジニアのガイドが必須

    設定項目が非常に多く、利用開始までにエンジニアのガイドが必要

  • point 05

    収集可能なログ

    イベントの発生日時
    アクセスしたユーザのメールアドレス
    アクセス元のIPアドレス
    アクセスに利用したツールの名前
    ファイルに対するアップロード(編集)
    ファイルに対するダウンロード
    ファイルに対するプレビュー表示
    共有リンクの作成

  • point 06

    他社テナントでの操作

    自社テナント内だけでなく、他社テナントの操作に対しても出力可能(移動やコピーについては、取得できる情報に制限があります)

さらに細かく、Box利用を可視化します
(Log Reporter for Box 棚卸 Edition)

  • point 01

    コラボレーションレポートから棚卸ファイルを作成します

    出力対象となるフォルダの情報から親フォルダから出力対象までのパス情報を取得できるため、編集して得られたパス情報とコラボレーションレポートのレコードのパス情報を比較してレコードを抽出します。アップロードされた棚卸ファイルに対し共有リンクを発行。

  • 価格

    オープン価格
    (テナントあたり1ライセンス必要)

  • ライセンス体系

    サブスクリプションライセンスでご提供します!(ライセンス費用に保守サポートを含みます)
    詳細はお問い合わせください。

  • 動作環境

    動作環境は随時更新しております。詳細はこちらのリンク先をご確認ください。

    Log Reporter for Box動作環境

TEL 03-4512-3333

トライアルのご相談もこちらから
お問い合わせください。