• リリース

丸紅ITソリューションズ、通信・セキュリティログの監視・管理ツール 「Splunk」 の代理店契約を締結

丸紅ITソリューションズ株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:德田 幸次 以下、丸紅ITソリューションズ)は、エンタープライズ・コンテンツ・マネジメント・プラットフォーム「Box」と連携する、ログ解析ツール「Splunk」の販売代理店となったことを発表します。

「Splunk」 とはSplunk, Inc.(本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ、CEO:Doug Merritt、以下Splunk社)が提供する、あらゆるデータをもとに適切なインサイトとアクションを導き出すソフトウェアです。
Splunk社は、通信、セキュリティ、ストレージやサーバー機器、Webサービスなどのあらゆる形式のログを取り込み、インデックスを付加して高速に検索・可視化するプラットフォームを提供しています。特に、通信・セキュリティログの監視・管理(SIEM)の分野においてSplunk社はリーダーと評価されており、中規模~大規模企業における採用が進んでおります。

丸紅ITソリューションズは、昨今、金融や医療をはじめとする重要インフラの業界に限らずあらゆる企業が情報セキュリティの脅威に直面していることを踏まえ、Splunk社の最先端のデータプラットフォームを提供しています。ITやセキュリティなどの担当者は、あらゆるソースからあらゆるデータを取り込んで調査、監視、分析して可視化し、迅速に対応することができます。外部脅威を検知する「Enterprise Security (ES)」、内部ユーザーの不審な行動を検知する「User Behavior Analitics(UBA)」、脅威を元に自動で制御するSOAR 製品である「Splunk Phantom」 などSplunk社の最先端のツールにより、お客様のセキュリティ向上を実現できると考えています。

■本サービスに関する詳しい情報は、クラウドベースのコンテンツ管理プラットフォームBoxの紹介サイトをご覧ください。
https://www.misol-box.com/cms/solution/splunk/